経営的簡易為替ツールPPP

経営におけるPPPとは購買力平価(purchasingpowerparity)のことで、交換レートを指します。算出方法は購買力平価=基準時点の為替レート×A国の物価指数/B国の物価指数となります。ある国である価格で購入できる商品が、他の国でならいくらで買えるかを測るツールです。ある商品が日本では100円でアメリカ合衆国でならば1ドルだとすると、PPPは1ドル=100円になります。この計算方法は経営において利便性の高い方法です。たとえば、為替レート・市場での需給・貿易コストなど変動要因がいくつもあるにせよ、長期的にはPPPから大きな差異は生まないと考えられているからです。経営に必須な統計ですね。さらに統計的には為替の換算を伴う長期計画・経済規模・賃金水準の国際比較に使われます。

企業経営されている方なら必ずご存知でしょうが、PPPとはPurchasingPowerParityの略称であり、日本語では購買力平価と訳されています。その意味するところは、例えばある商品が日本では500円、アメリカならば5ドルで買えるとすると、1ドル=100円の購買力平価だと言うように、ある国である価格で買える商品が、他国ならばどの程度の価格で買えるのかを示す交換レートのことです。経営的観点から見れば、長期的な二国間の為替レートの目安となる値として有効ですし、商品価格を基準としているために、生活実感に近い値が求められるというメリットもあります。

もう難しくない!初心者でも使いこなせる動画変換ソフト!GOMENCODER